第48話 サイトとの別れ・・・

駅へと向かう車の中で・・・ ふと、美咲が、

美咲「優也、そういえば、私たちが出会ったサイト・・・まだ登録してるの? 」

優也「そういえば、まだ登録したままだね。 最近、全然見ていないけど。 美咲は? 」

美咲「うん。私も登録したままの状態よ。優也は私の他にもやり取りしている女性いたよね?! メールとかやり取りしてるの? 」

優也「してないよ! 美咲とこうやってやり取りするようになってから、全然・・・。美咲は?? 」

美咲「わたしもたまに返事返すぐらいかな・・・ 」

優也「そうなんだー。やりとりしてるんだね?! 」

美咲「優也・・・誤解しないで、メールが来るから、挨拶みたく、たまに返信してるだけだから・・・ 」

美咲は、自分が切り出した話だけど・・・優也にイヤな気持ちにさせていることに気が付いた・・・

優也「でも・・・、美咲が逆の立場だったら?? 俺が、今も美咲以外の女性とメールしてるとしたら、どう?? 」

美咲「いや! ぜったいにヤダ>< 」

美咲「優也・・・ゴメンね?! 優也にイヤな思いをさせて・・・。 わたし、サイト・・・キチンと退会するわ!! メールしてる人ともサヨナラする。 だって、私には優也がいるもん!! 」

優也「ありがと! 美咲・・・俺も退会するよ?! 俺の方こそ、不安に思わせてごめんね?!

2人は、正直・・・サイトの存在をほとんど忘れていた。 2人が出会って、付き合うようになって・・・バーチャルな世界から、リアルな世界へ移動した2人・・・。 でも、最初の出会いがサイトで・・・、2人にはお互いの生活があり、一緒に過ごせる時間は、ほんの一瞬・・・。だからこそ、お互いが不安になる要素はなくなることはなかった。

お互いに愛し合って、心が通じ合ったつもりでも・・・離れている時間が長ければ、どうしても不安になってしまう。

特に、ネットで出会った2人に、共通の思いが巡るのは仕方のないことだった・・・

優也は思った・・・離れている時間が長いからこそ、見えない時間・・・どうしているか伝え、安心させてあげないと・・・?!

しばらくして、車は駅に着いた。

車の中で・・・2人はお互いの携帯を見せ合い、サイトを開いて・・・それぞれが退会のボタンを押した・・・。

美咲「優也・・・ゴメンね?! もっと早く退会したらよかったね?! 」

優也「こっちこそ・・・気が付かなくてゴメン!? でも、このサイトで、俺たち本当に出会ったんだよね?! 美咲と出会えたこと・・・本当に奇跡だよ!? 」

美咲「わたしもよ?! 好きよ♡優也♡ これからも一緒に居ようね?! 」

2人は、車内で唇を重ね・・・離れ離れになる瞬間を遠ざけるように・・・強く抱きしめ合った♡♡♡

しばらくして・・・

優也「そろそろ・・・電車出ちゃうよ?! 」

美咲「うん>< バイバイ、優也♡♡ またメールするね?! 」

優也「俺もだよ! 愛してる♡美咲♡ 」

美咲「わたしもよ♡♡ 」

美咲が車を降りる瞬間・・・2人は軽くキス♡交わし・・・美咲は改札口へ向かった・・・

優也は、美咲が改札口から見えなくなるのを確認し・・・名残惜しむように帰路についた・・・


…‥♡♡♡次回につづく♡♡…‥
いいねクリックをおねがいします♡ ♡♡ここをクリックしてね♡♡

◆いつもご覧いただきありがとうございます♡♡♡
◇あなたのSNS、ブログなどで“美咲&優也”の物語を紹介していただけないでしょうか? リンク先アドレスは♡コチラ♡

☆美咲と優也はコチラのサイトで実際に出会いました。
出会いSNS PCMAX(PCマックス)

美咲「出会い系ってどうかな?って思ったけど・・・無料登録できるし、安心でした。ここがあったおかげで優也と出会えたんだもん♪優也・・・登録してくれてて、ここにいてくれててありがとう♡」

優也「こっちこそ、美咲のような子がいたなんて、今でも夢みたいだよ!これからもヨロシクね♡」



♡♡ランキングに参加しています。下記をクリックしてくださるだけで、♡美咲&優也♡の恋話をたくさんの人に、ご覧になっていただけるようになるのでうれしいです♡♡ ♡♡ほかにもたくさんの恋愛ブログがありますので、ぜひ覗いてみてね♡♡
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

♪オススメ♪ 芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法『B-UPガールズ』

♪オススメ♪ Yahooパートナーでかわいい女の子と好きなだけ出会う方法 -From ZERO-

♪オススメ♪ 【女性向け】婚活NOTE~半年間で理想の男性との出会いから結婚までを叶えるプログラム~

♪オススメ♪ お見合いパーティで最高の女性を手に入れる方法-Excellent Couple-

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する